HOME>オススメ情報>食器やタオルなどの記念品と焼き菓子などの引き菓子、鰹節などの縁起物の3品が基本です。

地域の風習によって違いがある

紙袋

引き出物とは結婚式の披露宴で新郎新婦から招待客にお渡しするお礼品のことです。披露宴に出席してくれたことに感謝の気持ちを込めて贈るもので、地域性があるのが特徴です。引き出物は頂いたご祝儀の額に応じて記念品の金額や品数に差をつけるのが一般的となっており、引き出物の品数は割り切れないという意味から奇数にするのがマナーとなっています。引き出物は記念品と引き菓子と縁起物の3品が基本となっています。しかし、引き出物は地域によって特色やしきたりがあるのが特徴で、品数や予算に違いがあり、1~2品の地域もあれば、7品用意する地域もあります。メインとなる記念品は食器やタオルなど実用的なアイテムが定番となっており、縁起物は鰹節や梅干しといった縁起の良い食べ物が定番となっています。

自分で購入しない高級アイテムが人気

花

結婚式の引き出物は自分で購入しないようなブランドものの食器やタオル、好きな商品が選べるカタログギフトが人気となっています。ブランド物の食器は来客時に重宝するアイテムとして人気が高く、消耗品でもあるタオルは軽いので高齢の方でも持ち帰りやすい点が喜ばれています。引き菓子は日持ちする焼き菓子が定番ですが、有名店のパティシエが作る洋菓子や、お菓子そのものやパッケージの見た目が美しい引き菓子は幅広い世代のゲストに人気となっています。

後日宅配するサービスが便利

花束

最近の結婚式では引き出物は披露宴で渡さずに、後日ゲストの自宅に配送するというサービスが人気となっています。遠方から来場したゲストや高齢の親戚などは重量のある引き出物を持ち帰るのは大変です。また、天候が悪い時や子供連れの方にもやさしいサービスで、幅広い世代から喜ばれています。引き出物を宅配するサービスはカタログやサイトから商品を選ぶことができるので、ゲストの年齢や好みによって引き出物を選ぶことができます。

広告募集中